淡々と生きる

982 views 自己啓発
・悩み苦しみというのは、何かをどうしたいこうしたいと思っているから生じるので、それを「どうでもいい」と思うことができれば、悩み苦しみはなくなります
・自分の思いを押しつけるのではなくて「あなたがどちらを選ぼうとも、私はずーっとあなたの味方です」と言ってやるのが、正しい親の愛情です
・相手の態度を変えてやろうとはせずに、自分を変える。相手のことはどうでもいいのです。まず自分が変わること。自分が変わることで人間関係も変わってきます
・あれが欲しい、こうしたい、こうなりたいーという思いが強ければ強いほど、「苦」は大きくなります。悩み苦しんでいる人ほど、強い思いを抱いているものです
・幸せという現象がどこかに存在するわけではありません。自分は幸せだと認識するかどうかです。ああ今、幸せだ…と自分が認識するー幸せの本質はそれだけです
関連まとめ