四つ話のクローバー

1405 views ビジネス
・もし本気で他人に共感しようとしていたら、あなたの世界はきっと変わっていたでしょう
・「満足」は確かに人を幸せにするかもしれませんが、それは同時に、「停滞」を意味することでもあります
・お腹は満腹になったらそれ以上は満たされませんが、感謝で得られる幸せには限りがありません
・なぜ世の中の多くの人が、思ったように頑張ることができないのか。その理由を一言で言えば、「一人の人間の中で二つの願望がぶつかり合っている」からだ
・私が言っているのは、頑張らずに成功しようとするのではなく、「どうしたら頑張れるか」に目を向けなさいということなのだ
・確かに効率は存在するだろう! しかし本気で頑張ってる者たちは、どんどん自分のやり方を変え、効率の向上を追求しているものだ。多少の回り道をすることはあっても、最終的には必ず効率の良いやり方を見つけることになるだろう
・まあ、世の中の人たちにとって、天才とは存在する者というより「存在してくれなければ困る者」なのだろう。天才とは努力の結果必ず至るものだとするなら、みんなは凡人ではなく『ただ頑張ってないだけの人』になってしまうからな
・君は何も分かっていないな。「頑張る」ということがいかに重要な意味を持つかを
・「成功法則とは?」「『頑張る』。以上だ」
関連まとめ