読書は1冊のノートにまとめなさい

970 views ビジネス 読書術
・最終的には、読書の効用は、自分だけがわかっていればいいことです
・読んだのに残らない。それは、読んでいないのと同じではないか
・いつからか「何事にも好奇心を持とう」などとよく言われるようになりました。それは大事なことですが、同時にメモを取らなければただの散漫な思考に終わるのも事実です
・自分の考えが覆された、認識が揺さぶられた箇所がもっとも抜き書きのしがいのあるところです
・アウトプットを前提とすることでインプットの能力がアップする
・大事なのは、あくまで「自分の」心が動いたところです。客観的に重要な箇所は著者が強調しているところでも、何も感じなければチェックは要りません
・読んでいて「そうそう」「わかるわかる」というのは気持ちいいけれど、その実、あまり新しい知見にはなりません
・情報がいくらあっても、アウトプットをやらないと体系的な知識にはならないわけです
関連まとめ