読むだけで心がラクになる22の言葉

855 views 自己啓発
・その出来事にどういう意味を与えるのか、それはあなたの選択次第です。あなたが苦しみを選択するのか、幸せを選択するのか、自由に決めることができるのです
・ピンチに陥る人は往々にして、じつは誰かに助けてもらっているという視点がありません。だから、困った時にも、一人で問題を抱え込んでしまうのです
・私たちは、視野が狭くなると、つい「これじゃなきゃダメ!」と頑固になります。しかし、それは単に、両親や社会の考え方の制限からきているかもしれないのです
・人は、心から何かを楽しんでいるときには、苦しいことは考えられないものです。逆に、不安だったり、つらいときには、楽しいことは考えられなくなります
・周囲の人に対して誠意がない、愛がないと感じたとき、その人を別の角度から見てみてください。そこには、あなたが見落としていた真実があるかもしれません
・それが愛でなくても、自由に自分のものを与えている人は、まわりから好かれます。そして、結果的にその人は愛されることになります
・人生では「1つのドアが閉まれば、その勢いでまた別のドアが開く」ようになっています
・ある一時点で、人生ダメだと思わないほうが健康的です。野球なら、4回裏、5対2で負けていても、ゲームオーバーではないのと一緒です
・本当に幸せになりたいなら「今、自分が幸せであることに気づく」ことです。今、自分がどれだけ恵まれているか、現状に100%満足することです
・運の悪い状態というのは、永遠に続きません。運が悪い間に、自分や未来に対してあきらめるかどうかが、その後を決めることになります
関連まとめ