気品のルール

690 views 自己啓発
・「自分は悪くない、悪いのは相手、社会。私は被害者」と常に、周囲を批判し、攻撃していると、その被害者意識が慢性化し、表情に沈着します
・自分を卑下するのも、他人をうらやむのも、物事を何かと批判するのも、常に相手に勘ぐり怒りを持ち続けるのも、すべて気品と対極にあるあり方です。それを「小市民」と呼びます
・背中が丸くなっていると、年齢が十歳加算され、みすぼらしくさえ見えます。さらに健康にもよくありません
・周囲まで響き渡るような大声は、その内容に関わりなく、品位を低下させます
・よく大きな声で子どもを叱っている母親がいますが、その場合、周囲から悪い評価を受けているのは母親の方です
・話し上手より聞き上手。聞き上手というより話させ上手。相手が答えたい、答えることが心地よいと思えるような質問をさりげなくできる人にはすがすがしさを感じます
・住まいの環境は、人の情緒にも大きな影響を及ぼします。バランスを欠いた雑然とした汚い部屋に長く居続けると、人は、攻撃的になったり否定的になったりします
・自分の「こだわり」を強調する人はほとんどの場合、よくよく見れば自分に自信がなく、その自信のなさを隠すための行為であることがわかります
関連まとめ