宇宙を貫く幸せの法則

981 views 自己啓発
・声を荒げイライラした結果、人間は自分で毒素を出して、その毒液が五臓六腑をどんどん痛めつけます。誰が一番損をするかというと、その言葉を発した本人なのです
・何よりも大事なのは笑って愉快に生活すること。そのために私たちが発すべき言葉は「うれしい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ついている」です
・人生は自分が書いたシナリオ通りだ…。それが納得できると、やってくる現象一つ一つに対して、あれこれ論評や文句を言わなくなります
・自分の口から出てくる言葉は「言えば言うだけもう一度それを言いたくなるような現象が降ってくる」というのが、宇宙の法則です
・心を込めなくてもいいから「ありがとう」をたくさん言っている人には「ありがとう」と言いたくなるようなことが次から次へと起きてくる
・人間関係が、柔らかく温かいものであれば、問題は必ずクリアされていきますが、その人との関係がうまく形成されていなければ、いくら正しいことを主張しても、相手は聞き入れてはくれません
・100%の人に好かれようと思うからつらくなる。半分は批判者だ、と思うと人生が少し楽になります
・物事は右肩上がりに徐々に上がっていくのではなくて、変わらない状態がしばらく続いた後「ポン」と上がり、またしばらく横ばい状態が続いて、また「ポン」と上がる
・私たちが、身の回りにうれしい、楽しいことを起こしたいと思ったら、ただひたすら喜んで、うれしがって、幸せだ、ツイてると思うこと
・人の悪口を言うというのは、実はそれを聞いている相手が、自分に対して心を閉ざし、どんどん遠ざかって行くのだということを、ぜひ覚えておいてください
関連まとめ