必ず!プラス思考になる7つの法則

872 views 自己啓発
・自分が気に入っている人や好きな人については、いい面ばかりが見えるし、いいことばかり思い出すのに、嫌いな人については悪い面ばかりが見えたり感じられたりする
・自分を「不運で不幸」と思う人は「どうやっても無駄、うまくいくわけがない」と最初から思ってしまって、行動まで消極的になって、現実を打開するチャンスを失ってしまうのです
・とても大事なことがあります。「幸福な人」は、仕事でも勉強でも約束を守ることでも、自分ができることはきちんとやりとげているということです
・幸福の大きさは関係ありません。たとえちっぽけな幸せであっても、そのことに気がついて気分よく生きる人が、もっと大きな幸せに近づいていくからです
・わたしたちは自分を不幸だ、不運だと思い込むことで幸せの記憶を封じ込めているかもしれないのです
・幸福な人は「いいこと」に敏感な人です。不幸な人は「悪いこと」に敏感な人です
・悪いことを引きずる生き方は、長く苦しむ生き方です。「根に持つ」タイプの人は、自分一人でいつまでも不幸と向き合うことになります
・どんな人の人生も、幸運と不運が織りなしているのに、不幸な人はいままでもずっと不運でこれからも不運が続くと思い込んでしまうのです
関連まとめ