一流役員が実践している仕事の流儀

643 views ビジネス
・平社員は、ギリギリまで寝る。部長は、妥協して早起きをあきらめる。役員は、必ず朝5時前に起床することに決めている
・平社員は、上司だけに好かれる。部長は、社内の人だけに好かれる。役員は、清掃員さんからも好かれる
・平社員は、苦手な人を避ける。部長は、苦手な人とも我慢して付き合う。役員は、苦手な人がいない
・三流は、上司の足を引っ張る。二流は、上司の邪魔にならない。一流は、上司を出世させる
・三流は、イエスマンで周囲を固める。二流は、ひとりで解決しようとする。一流は、自分の弱みを補ってくれる人を重宝する
・三流は、マイペースで食べる。二流は、相手が遅ければ合わせる。一流は、相手が早喰いでも合わせられる
・三流は、三国志をゲームで学ぶ。二流は、三国志をマンガで学ぶ。一流は、三国志を吉川英治で学ぶ
・三流は、借りを作っても返さない。二流は、借りを作ったら必ず返す。一流は、貸しを作っても忘れる
・三流は、メモを取らず忘れる。二流は、相手の言葉を細かく書きとめる。一流は、自分の考えをメモに取る
関連まとめ