商品企画できない社員はいらない

730 views ビジネス
・同じ業界の流行を後追いするのは危険ですが、他業界のヒット商品をいち早く参考にしたり、研究したりするのは、商品企画の常套手段
・新商品がヒットするのは、その商品・サービスが今までにない価値を提供できたから
・企画には新しさ、つまらい好ましい違和感が必要です。違和感がないとお客さんの目に留まりません
・ヘビーユーザーは、新しいアイデアに対して、まず「反対する」と心得よ
・商品企画では「もめたときほどヒットする」という法則があります
・競合がいるということは「市場の拡大」「自社商品の改善」「消費者の注目度上昇」という3つにつながると考えることが重要です
・流行の旬が来たときは、その商品とまったく反対の特徴を持った商品を考え、エントリーする
・アイデア会議は「批判厳禁」「自由奔放」「あいのり自由」「質より量」「会話を楽しむ」この5つを意識するといい会議になります
・リアルなターゲット像を想定することで、コンセプトがより明確になります
関連まとめ