脳内物質仕事術

761 views ビジネス
・仕事で疲れて猛烈な眠気に襲われるときは、コーヒーやドリンク剤を飲んで我慢して仕事を続けるよりも、30分ほどの短い仮眠をとったほうが、脳のパフォーマンスが改善するのです
・アイデアというのは、机に向かって必死に考えていても生まれない。むしろ、弛緩した瞬間や、何も考えていないようなボーッとした瞬間に生まれる
・起床してからの午前の2〜3時間は「脳のゴールデンタイム」と呼ばれて、脳が最も生き生きとして活動する時間帯である
・創造力を必要とする芸術家の方は、脳科学的に夜の作業が向いていて、実際に夜の時間帯をうまく活用して創作活動をしている人が多い
・午前中は論理作業に向き、午後や夜は創造的作業に向く
・ひらめいたらその瞬間に、必ずメモをとってください。そうしないと、どんなに素晴らしい発想も、歴史的な発見も忘れてしまいます
・実は「次に何をやろう?」という疑問が、一番集中力を妨げるのです
・強くイメージすることで、ドーパミンが出てモチベーションが高まり、成功確立もアップする
・「目標を達成した自分」のイメージを思い浮かべて、ニヤけてください。それにより、ドーパミンというモチベーションが補給できます
・仕事の場で戦い続けるアドレナリン・ジャンキー的生活は、非常に危険です。今は充実していたとしても、心臓疾患、脳卒中、糖尿病、癌などの身体の病気だけでなく、うつ病などの心の病気の原因にもなりかねないのです
関連まとめ