すべてを味方 すべてが味方

1252 views 自己啓発
・幸せもよろこびもいらないという人は、不平・不満を言い続けていても、それはそれでいいでしょう。ただ、それを続けていれば、まわりの人はどんどん去っていきます
・幸せというのは、何か特別なことが起きることではありません。何も起きないことが幸せの絶対的な本質です
・「不平・不満」も「愚痴」も「泣き言」「悪口」「文句」も、それを口に出して言えば言うほど、ネガティブな種を自分の身のまわりにまいていることに気がついてください
・「幸せ」とは「何かを得る」とか「ほしいと思っていたものを手に入れる」ことではなく「今の自分が幸せの中にいること、幸せの中に存在していること」を知ることです
・自分の力ですべての物事をやっていると思っている人は、人生の中で感謝が足りないので、いろいろなことが大変になる
・自分で自分がわからなくなってしまうのは、自分の「あら探し」をするからです
・人間は、だれでも未熟です。もともとろくなものではなく、大したものではないのですから、その大したものではない部分を探しても無意味です
・他人の評価で生きるのではなくて、自分の評価で生きるのです。そうすると、自分がよく見えてきます
関連まとめ