20代から身につけたい ドラッカーの思考法

965 views ビジネス
・売り上げが悪いのは結果(現象)であって原因(事実)ではありません。原因は、商品力が不足しているか、販売力が不足しているか、あるいはその両方かです
・「商品はよいのに売れない」と嘆くのは間違いです。売れないのは「商品が悪いから」です。会社とお客様では「良い商品」の定義が違うのです
・現在の仕事で、現在の利益確保と将来の利益のための基盤づくりを、同時に行わなければならないのが経営だ
・今日のように多様化した組織社会では、すべてが平均的というより、何かひとつでも飛び抜けた強み(お客様にとっての魅力)をもつことが重要
・人は自分のことは分からないが、他人については誰でもプロになれる
・創造的模倣戦略:「技術志向」の会社が開発した商品を「市場志向」で改善して売り出す方法
・新規事業では、10人中4人が賛成したら「タイミングを逸した」と考えてよいでしょう
・「何で貢献したいか?」ではなく「何で貢献できるか?」を問わなければならない
関連まとめ