誤解されない話し方、炎上しない答え方

788 views ビジネス コミュニケーション
・誤解を招かないためには、ものごとが起こった順番ではなく、重要なことから話すのが、最善の話し方
・誤解を招かないためには、ものごとが起こった順番ではなく、重要なことから話すのが、最善の話し方なのです
・不特定多数が相手の場合は、相手の専門性=ゼロと考える
・専門用語は仲間と専門家以外に使わない
・日本語で表現できることは、日本語で言うべきです。聞き手がそのカタカナ語の意味を知らなければ、話が通じないからです
・定着していない略語は、使わないほうがいい
・「さすが」「意外と」「比べて」は相手を怒らせる三大表現
関連まとめ