幸福の習慣

675 views 自己啓発
・仕事に熱意を感じていない人は、週末のために生きているようなものです。「平日は死んでいる」と言っても過言ではありません
・幸せになりたいなら、収入を増やすよりも、よき家族や友人との関係を強める方が効果的
・毎日6時間以上人と関わる時間を持っていると幸福度が上がり、ストレスや不安は小さくなります
・日々の生活に幸せを感じている友人が1人増えるごとに、幸せになる可能性は約9%ずつ高まる
・日々の生活が不幸だと感じている友人が1人増えるごとに、幸せでいられる可能性は7%ずつ低下する
・年収が2万5000ドル以上の人は、物を買うよりも経験に出費したほうが幸福度は2、3倍に高くなる
・週に6日までは、運動する日を増やすほど元気が出て、ストレスは減り、幸福度は高まります
・疲れを解消するためには、疲労回復の薬より運動のほうがはるかに効果的
・さまざまな時間の中で人が一番楽しくないと感じる時間は「自分の上司と一緒にいる時間」だということがわかりました
・“最も多くの時間を費やすこと”がその人を作り上げる
関連まとめ