降参のススメ

850 views 自己啓発
・人には、常に「自分じゃないのもの」に対して「いいな」って思う傾向があるんですね
・「さとり」って何かと言ったら「いまのあるがままの自分」に降参して、その「あるがままの自分」を認めて、そして、そこにくつろぐ。そこから始まるものだよね
・ここらで自分と仲直りしましょうよ。「いまの自分でいいんだ」って、認めてあげること
・被害者って立場は、実は気持ちがいいんですよ。被害者ってことは、自分は善なんですよ。立場として正義になれるんですね。「悪いのはオレじゃない、周りなんだ!」って
・「怖れ」とか「怒り」とか「悲しみ」とか、あるいは「恨み」や「ねたみ」とか、そういう感情もね、結局は自分の首を絞めているいる「いらないもの」ですから
・理想像を持っちゃうこと自体がさ、自己否定からきてるワケだよ。だって否定がなければ理想もないからね
・多くの人が「他人の目が気になる」って言うけど、そういう人は、結局のところ、自分の価値を、他人の評価に委ねちゃってる人なんだよね
・自分が幸せじゃないのに、誰かを幸せにできるはずなんてないじゃないですか
・どんな望みも、行き着くところはひとつだけなんです。「幸せでありたい」なんですよ
・やりがいも、人望も、信用も、所得も、それ自体が欲しいワケじゃないんですね。その先にある充足感や満足感、いわば幸せってものを求めてるワケですよ
関連まとめ