ウザい奴を言い負かす技術

931 views ビジネス
・ある言動、判断、決定をするにあたって最も重要な要素をマックスファクターという。このマックスファクターを差し置いて他者が別の要素に重きをおいていた場合、非難すべきである
・道徳、規律、慣習、美意識、常識その他の価値観などは時代とともに移り変わっていくものであり、新しいものが常に正しいという論法をGTLという
・レベルに際限がないものについて、ある位置を絶対的もしくは至高であるかのような思い込みや表現をすることは論理的ではない
・常識というのは人々の平均値や多数の意見に過ぎず、悪習の場合も多々あるので絶対化するべきではない
・「サラリーマンってみじめだよね。生きてて楽しい?」「そのサラリーマンにもなれない奴が偉そうに言うな。無職は俺にもなれるから、無職よりサラリーマンのほうが上だ」
・「この問題は答えられるか?」「分かりません」「授業に集中していないからだ」「教え方が下手なんじゃないですか?」
・ある問題が起きた理由や解決手段について、技術論や物事の本質をないがしろにして人間の精神力や根性を偏重する論理を精神論という
・他者に対する否定的な発言をするとき、それが発言者自身にも当てはまっているならば、それをいう権利や説得力を持たせないという論法をお互いサマンサという
・総勘定番長とは、あるものを比較、判断する際、なるべく多くの要素でより総合的に判断するほうが説得力が増すという論法である
・二つの事象の根本的な構造、本質、内容、結果などが同じであることを根本的一緒という。用い方としては、相手の主張を否定する素材として、ある事象を引き合いに出すのである
関連まとめ