人は「そとづら」が9割

816 views ビジネス
・「私は」「僕が」より「○○さんは…」と相手を主語に会話を進めていけば、相手も話を聞いてくれてどんどん会話に心を入れてくれるようになります。
・決して、止めどなく喋り続けないこと。とても自己中心的に見えてしまいます。
・相手を尋問攻めしないこと。人には聞かれたら答えに困ることだってあるものです。
・よく、「沈黙が怖いから、自分が喋り続けないといけないと思っている」と言う人もいますが、相手がウンザリしてしまっては、逆効果。
・反論したくなるときほど、発言は控えめに。「そういう考えがあるのですね。とても勉強になります」と言ってみましょう。
・初めて会った人との会話の第一声が、「あの〜」や「え〜っと」では、とても自信なさそうな印象を相手に与えてしまいがちです
・もしあなたが「どうも」派や「すみません」派だったとしたら、ちょっと変身して「ありがとう」派になることをお勧めします。
・・「嫌い」よりも「好き」を見つける・「違う」よりも「同じ」を見つける・「違う」「嫌い」を口にしない
・「違う」「嫌い」といった言葉を口に出さないようにしているだけで、「違う」「嫌い」という感情を芽生えさせる機能がだんだんと衰えていくものなのです。
・「面接官は、彼女の言いたいことを聞きたいんじゃなくて、面接官が聞きたいことにどう答えてくれるかを見ている。
関連まとめ