ウェブ大変化

831 views ビジネス
・企業の生産力の源泉がヒエラルキーの組織構造にあった時代は終わり、個人同士がつながり、自由に生産プロセスを構築して、生産する時代が到来している。今後、技術革新や成長の原動力は個人の連携が中心となり、台頭するだろう。
・新しい大きな世界が到来しつつある。その世界は、人間や企業、社会のあり方の関する基本的な理解を見直すように私たちに迫っている。(中略)しかしながら、実はその中心をなすのは、個々人の持つオリジナリティなのである。
・主導権が大きな組織から小さな組織・コミュニティ・個人へと移行する。パワーの主がシフトするという変化。そんなパワーシフトが、今起ころうとしているのだ。
・従来の集積・集約・階層型のモデルは崩壊し、自由につながりあうフラットなモデルへと移りつつある。
・従来の組織が既得権益的に確保していた優位性はもはや意味をもたなくなってきており、本来持つべき才能やアイデアを備えている存在に主導権が移りつつある。これがクラウド・コンピューティングの陰で進行している本質的な変化なのだ。
・重要なのは、ITはコモディティ化され、競争力の源泉ではなくなるということだ。これは、差別化のためにITに投資することに意味があるのか、という問題提起でもある。
関連まとめ