先延ばしにしない技術

777 views 自己啓発
・背水の陣を張って戦う人と、こっそり退路をつくっておく人とでは、多くの面で違いが出る。目の色も違い、態度も行動も違う。その違いが、勝敗を分けるのだ
・99%の平凡な人たちも。数千通りの優れたアイデアを持っている。ところが、彼らは実行しない。一方、1%の特別な人たちは違う。彼らはアイデアを必ず行動に移す
・人生の成功を手にするには、目標を達成した場面をイメージする「ゴールの視覚化」よりも、目標までのルートを正しく捉える「プロセスの視覚化」の方が、ずっと重要なのだ
・目標の達成を基準にして逆方向から現在の状況を見れば、選択の幅はずっと狭まる。誘惑を振り切るのも簡単になり、目標と関係のないことを退けるのも容易になる
・成功するのは簡単だ。未来から逆算して、現在の行動を選択する習慣を持ちさえすればいいのだから
・変わりたいと思っていても、なぜ変われないのだろうか。…いまの状況が、耐えられないほど苦痛ではないからだ。切実に望むものがないからだ
・さまざまな目標を追求する過程で、目標達成後の派生効果まですべて考えることは、苦難と挫折に打ち勝つ大きな原動力になるのだ
・特別な時間、特別な日まで決心を先延ばしにすることは、表向きはいくら変化を望むと言っても、内心では絶対に変化したくないと言っているのと同じことだ
・意欲がわかないことに手を付けるもっともよい戦略は、まず小さなところから始めてみることだ
・時間がないから成果を挙げられないのではなく、時間がありすぎるから成果を出せないことの方がずっと多いのだ
関連まとめ