33歳からのリーダーのルール

876 views ビジネス
・優秀でない残りの8割には「叱る」や「放っておく」は通用しないのだ。基本的に彼らは誉めて伸ばすしかない。
・プレイヤーとは「自分の力でことを為す人」のことだ。そして、リーダーとは「他人を通じてことを為す人」を指す。この違いはあまりにも大きい。
・リーダーとは「誉めても叱っても、思う通りにならないメンバーを通じて、なんとかして結果を出す人」のこと。
・いかなる時も部下の相談を断るな
・今いるメンバーがベストメンバー。一生彼らとやっていく。そう覚悟した時に初めて組織がゴトリと音を立てて動き始めるのだ。
・部下を持ちチームを束ねるリーダーという存在になったのだ。君はもう会社批判をする立場にはない。批判される立場であることを身にしみるべきだ
・君は引退した身なのだ。野球の監督は決してマウンドに立ってはいけないのだ
・部下に100%を求めてはいけない。できていないところ、足りないところをすべてフィードバックしてはいけない。オーバーフローを起こしてしまうだけだからだ
・リーダーはチームを優先して自分自身の大切なものをすべて投げ出す覚悟が必要だ
・君はプレイヤーとしては優れている。しかし、リーダーとしてはまったくの新米である。勘違いしてはならない
関連まとめ