走る哲学

1025 views 自己啓発
・選択の失敗は間違えたほうを選んだ事ではなくて、選んだのは自分のせいじゃないと思う事
・気づきや学びは自分の考えとは違う考えがぶつかった時に起きて、自分に考えのない人、他の考えを一切認めようとしない人は、視野が広がらない
・自分が変われば周囲は変わる。でもそのためには自分が演じている役割を客観視しないといけない
・子どもを勝負弱くさせるのは簡単。失敗したらおしまいだよと言い続ける事。そうすれば失敗を恐れ、挑戦を恐れ、評価を気にするようになり、縮こまる
・いわゆる価値は他人の総意で決まる。価値があり存在する意味がある自分になるために、人は他人の総意に従って生きるようになる
・他人の評価によって勝敗が決まる事は多いのだけれど、勝ちきる人は他人の評価を無視して突き進む事もできる人
・みんなが重要だという事が重要だと思い込んでいると人生を棒に振る
・集中とは第一目的以外を諦めること
・自分を犠牲にして人のために生きると、無意識に内側に貸しが残る。これだけやったんだからと、人に何かを要求してしまう
・愛しているはずなのにうまくいかないのは愛が足りない訳ではない。自分を愛せていない分を他人に埋めてもらおうとしているから
関連まとめ