潰れない生き方

1108 views 自己啓発
・大切なのは“自分はすごいやつだ”という万能感ではなく、“悪くないじゃん”“これでいいじゃん”と、ありのままの自分を褒めてあげること。それが自分を認める力をつけ、ひいては自分を変える力につながっていくのです
・理解者を探すときは、とにかく数打てば当たると思って、いろんな人たちとコミュニケーションしてみることが大事です
・避難されたり、思いどおりにならないことに苛立ち、そこで物事や人の見方を決めつけ、そのネガティブな感情フィルターをとおして自分自身を追いつめていく。こうして自らを潰していく人が多いのではないでしょうか
・いちばん良くないのは、最初から“どうせ無理”と思って、何もせずに逃げてしまうことです。人と向き合うことを最初からあきらめてしまうと、やがて行き場が見つからず、自分が潰れることにもなりかねません
・かりに昔と今でやりたいことが違っていてもいいのです。しかし、根っこの部分には必ず自分のやりがいの種になるものがあるはずです。/いわば原点回帰ですが、ここに立ちかえることができる人は、人として最強です
・自分が肯定できないと、他者を肯定したり、認めることもできません。なぜなら、自己肯定感がないゆえに自分のよい部分があってもフィルターにかけて否定的にみてしまい、そのフィルターをかけたまま他者の行動も見てしまうからです
・誰かが自分を見てくれていて、「良く頑張っているね」と言ってくれるかもしれない。言ってくれなくても、少なくとも“自分はしっかりやっている”というプライドが支えになってくれます
・どんなに仕事がつらくても、どんなに無理難題をかざす上司がいても、そのようなつらさを共有して「それでも頑張ろうよ」と言ってくれる仲間はかけがえのない存在です
・「自分はこれを実現するために働いているんだ」という信念がある人は、追い込まれても強い。優先すべきことが見えており、ブレないからです
・いまはダメでも、いつかどうにかなると自分を信じてあげること。もし思いどおりの結果が出なくても、それも受け入れることができる自分がいること。それがあきらめないということです
関連まとめ