起業のファイナンス

820 views ビジネス 起業
・イノベーティブなことをやる場合に、銀行からの借入をあてにしてしまってはいけません
・不況時に起業した会社はうまくいく。
・基本的に、素性のよくわからない人を株主や取引先にしてはいけません
・イノベーティブなことをやる場合に、銀行からの借入をあてにしてしまってはいけません
・「不況時に起業した会社はうまくいく」と言われるのは、好況に浮かれて起業した会社より、不況時に堅め堅めに考えて商売を始めたほうが成功率が上がるということがあるから
・不況時には起業を考えるライバルが少ない
・ライバルが少ない時に起業すれば、みんなが気付いて腰を上げるころには優位なポジションに先回りできていて、結果としてビジネスとして成功する可能性も高くなる
・「お金が集まらない」「ビジネスを理解してくれない」「国はもっとベンチャー企業を振興すべきだ」などと文句を言っているとしたら、そのベンチャー企業がイケてない証拠かもしれません
・商売で最も重要なのは信用
・成功する事業家というのは「理想的な状態」を思い浮かべ、その状態を「絶対実現させる!」と思える人だと思います
関連まとめ