仕事の王道

689 views ビジネス
・人より能力を高める努力もせず、人と同じことをやっていて、人より評価されたいなんていう考え方では、一流どころか一人前にもなれません
・金儲けのために仕事をしているうちは、一流にはなれません。逆に言うと、一流になれば、金儲けのことを考えずに良い仕事に専念できるものです
・成功している人は同じ口ぐせを持っています。それは、「すごいね」「いいね」です。「すごいね」「いいね」と言って、肯定的に物事を受け入れるのです
・まずは、相手が言っていることを受け入れる姿勢を持ってください。それから自分の中で判断し、ダメだと思うものは吐き出せばいいのです
・せっかくやり始めても、結果を早急に求めすぎて、すぐにあきらめてしまう人が多くいます。結果が出ないからとやめてしまうのではなく、結果が出るまでやり続けるのです
・一流になれる人というのは、一人前になったときにも、半人前のときの熱心さを持っている人です
・残念ながら、学歴のない人ほど、勉強しないのも事実です。逆に、学歴の高い人の中には、社会に出ても勉強を続ける人が多いので、余計に差がついてしまいます
・だれだって潜在的能力はあるのですから、その能力を発揮できるような仕事についた方がいい
・目の前にある仕事はチャンスです。逆に、目の前にあることしかチャンスはないのです
・上司の出世を考えて行動してあげたらいいのです。上司は、自分を出世させてくれる部下を一番有難いと思うわけですから
関連まとめ