ハーバード流ボス養成講座

969 views ビジネス
・共通の目的とそれに関係したやりがいのあるゴールを掲げ、その実現に向けて互いに約束を交わして共同で仕事をする人々の集まり、それがチームである
・将来像を描くと、チームが一丸となって価値ある仕事をしていることが明確になり、共通の目的意識、できるチームに必ず見られる運命共同体としての意識を培える
・集団の成果をめぐる調査では、やりがいのあるゴールがある場合にかぎり、メンバー間に結束が生まれ、単なる集団が本物のチームへと脱皮するのだという
・将来像を描くと、あなただけでなくあなたのチームや人脈の焦点を、大切なことがらに合わせておくことができる
・価値ある目的を示し、それに関連したやりがいのあるゴールを設けることで将来像を描くと、有害な対立や、組織から活力を奪う社内政治を最小限に抑えるのに役立つ
・現状から出発してどう望む将来を目指せばよいかは、将来像を描いて初めてわかる
・「自分には価値がある」「評価されている」と感じなければ、誰も十分な貢献などできないだろう
・建設的な対立に注目しよう。それを期待するのだ。もし建設的な対立がいっさいなければ、優れたアイデアが見過ごされるおそれが大きい
関連まとめ