ソーシャルシフト

757 views ビジネス
・今、人々が望んでいるのは、騒がしい説得広告ではなく、控えめで共感を呼ぶメッセージ
・これからのマーケティングは「人間が中心」だ。世かいつ者は機能的な満足だけでは満たされず、ココロの満足を求めはじめた
・人々が興味を持たない、楽しめない、共感できない一方的な情報は全く知覚されない。そんな時代がそう遠くない将来、確実にやってくる
・あらゆる企業やブランドは生活者の審判を浴び、不誠実な言動がないか、社内外の多面的な角度から監視されることになる
・企業はクチコミをコントロールできず、それらを正面から直視する必要性に迫られる。生活者の意見を傾聴する姿勢を持たない企業は市場からの退場を余儀なくされるだろう
・サプライズ、ワクワク感、人間らしさ、思い当たる節など、感情に訴える共感クリエイティブが重要になってくる
・生活者との長期にわたる信頼関係、ロング・エンゲージメントを構築できた企業にとって、生活者はかけがえのないパートナーとなる
・企業はソーシャルメディアを通じて、生活者の生の声を傾聴し、対話交流を通じて、彼らの支援を最大限に生かす仕組みを取り入れることが肝要となる
・透明性の時代に、情報隠蔽や情報統制の技術を持ち込むと、とどまることのない炎上を引き起こすことになる
・無名の市民でも、広く世界の共感を得ると、巨大企業にすら深刻なダメージを与えてしまう時代となったのだ
関連まとめ