相手が思わず本音をしゃべり出す3つの質問

680 views ビジネス
・お客さまの表面的な言葉のみを拾って、それをニーズと決めつけてしまうのは大変危険です
・過去の質問というのは簡単なので、答える側もそれほど悩んだりしなくて済みます。ということは、相手にストレスを与えないのです
・・相手の気持ちを察すること・相手の立場を理解すること・相手に合わせた提案をすること これができればどんなビジネスでも成功します
・素顔の自分で接すること、これが相手の本音を引き出すのに重要な役割を果たしていることを、忘れないでください
・相手にオープンを求めるのなら、まずあなた自身がオープンな気持ちで接することが大切なのです
・会社の過去、当人の過去などの話題を振ってみると、思いのほか会話がはずんだりします
・人は心の中では本音を言いたがっています。目の前の人が本音を言うに値する人物だと思えば、喜んで話し始めます
・相手にじっくりと考えてもらいたいときには、あえて沈黙するのが思いやりです
・ポイントは、過去から現在を聞いたときに変化している部分に、鋭いメスを入れるように質問することです
・自分の過去の歴史やそのときの考え方について、興味を持って聞いてくれる人には、こちらも好意を持ちますし、喜んで話をしたくなるもの
関連まとめ