任せる技術

642 views ビジネス
・うまく任せれば人は育つ。しかし、任せ方を間違えば人は潰れる
・人を育てる任せ方 1.ムリを承知で任せる 2.任せる仕事を見極める 3.任せる。と伝える 4.ギリギリまで力を発揮させる 5.口出しをガマンする 6.定期的にコミュニケーションする 7.仕組みをつくって支援する
・「できるようになってから」任せるのではない。任せるから「できるようになる」。ムリを承知で任せるのだ
・「ムリ」をさせない限り、脳に筋肉がつくことはないとも言えよう。ムリを承知で任せるのだ。それがあなたの部下を育てる唯一の方法なのだ
・失敗から成功へ至るプロセスこそが部下を育てる。だから任せることで人が育つのだ
・上司は部下の失敗する権利を奪ってはならない。部下が転んで膝をすりむいてしまわぬようにと、先回りをして部下を守りすぎてはならない
・人は責任を負い、責任を果たすことで成長する。任せるとは、作業ではなく責任を与えることにほかならないのだ
・管理職が部下に仕事を任せる時にやりがちな間違いは、責任を負わせずに作業だけを任せる、ということだ
・できる、できない、だけで任せる仕事を決めてはならない。部下一人ひとりが経験すべき、身につけるべきことを明らかにし、それを割り振るのだ
・部下に仕事を任せる際に気をつけなければならないことがある。それは、部下自身が体験したことのない「未体験ゾーン」の仕事を任せてはならない、ということだ
関連まとめ