実戦起業塾

588 views ビジネス 起業
・業界の選び方であれば、成長率が高く、これから立ち上がっていく業界を選ぶのが鉄則である
・非常に魅力的な起業テーマであれば、自分が起業してしばらく経ったタイミングで、必ず模倣するプレーヤーが現れるのは覚悟しておいた方がよい
・ほとんど同じアイデア、起業テーマに基づいて起業する場合でも、市場が立ち上がる時期に対して、早すぎるタイミングでスタートしても、遅すぎるタイミングでスタートしても成功することはできない
・一般に、新しい市場に新規参入する場合、新聞や雑誌に載っている公開情報を使って稟議書を書くことができ、社内提案もしやすくなってくるくらいのタイミングでは、すでに遅すぎるケースがほとんどである
・アイデアの良し悪しを決める究極のポイントとは…「市場性」「収益性」「持続的競合優位性」の3つである
・ベンチャーが勝利するためには、正面衝突を避け、大企業がいない市場や手薄な市場を攻撃すべき
・大企業が避けて通る、未開拓市場こそベンチャー企業の生きる道なのである
関連まとめ