佐藤可士和の超整理術

1819 views ビジネス
・「何のために捨てるのか?」といえば、本当に大事なものを決めるため。そして、大事なものを、より大切に扱うためなのです。
・常に対象のなかから本質を引き出しているから、アイディアが尽きることがない。
・問題の本質を突き止めることは、“何がいちばん大切なのか” を見つける、つまりプライオリティをつけることなのです。これはすごく難しいことだと思います。でも、あいまいなままにしておくと、後で必ずほころびが出てきてしまう。
・答えはいつも、自分ではなく相手のなかにある。
・どんなにカッコイイ作品を作っても、本当の意味で人の関心を引かなければ意味がない。
・つまり、自分の作品を作るのではなく、相手の問題を解決する仕事なのです。解決策をかたちにする際にはじめて、デザインというクリエイティブの力を使うわけです。
・伝えたい情報を相当きちんと整理したうえで、筋道を立てて戦略的に伝えることを考えないと、受け手の心のバリアを破って入り込むことなどできない。
関連まとめ