言いたいことが言えない人のための本

848 views 自己啓発
・あなたがすべての人を好きになったり、受け入れたりすることができないように、すべての人からも受け入れられるのは不可能なことです
・「どうせ…」と、すべての可能性を封じ込めず「ひょっとしたら…」「もしかしたら…」と可能性の扉を開けてみましょう
・人から何かを期待され、それを察することができたとしても、必ずしもそれに答えなければならないわけではありません
・自分の感じ方や考え方は自分のものであり、相手と同じ感じ方や考え方をしなければならないということはありません
・できないこと、やりたくないことに「No」と言ってもいいのです
・自分を犠牲にして自分の安全を確保するようなことばかりをせず、自分には欲しいものがあると考えてもよくて、そして、それを要求してもいいのです
・自分自身を認められないのに、他の人を認めることは難しいのではないでしょうか。また、自分自身を好きになれない人を、他の人が好きになってくれるでしょうか?
・怒りは放っておくと、激怒、復讐へどんどんエスカレートします。小出しに吐き出していれば、自分自身が相手に何を言いたいかを自分で把握しやすく、冷静に伝えることができます
・大切なことは「No」と言うことは、相手の要求を拒否しているのであり、相手を拒絶しているわけではない、ということです
・相手と今後もよい関係を続けていきたいからこそ「No」を伝える必要があるのです。「No」は相手と自分に誠実でありたいからこそ用いる言葉なのです
関連まとめ