なぜか成果が出てしまう人の習慣術

2290 views ビジネス
・自分の視点で自分を見るか。相手の視点で自分を見るか。この違いがハイパフォーマーとそうでない人を分けているのです
・生き生きと仕事をしている人に話を聞いてみると、彼らの多くは仕事の楽しさを見つける力に長けていることがわかります
・ハイパフォーマーを目指すのであれば、自己実現よりも、人の役に立つことを優先する必要があります
・仕事が遅い人は、たいてい、依頼されたあと、時間を置いて着手するという悪いクセの持ち主です
・まず、目指すべき結果を固めて下さい。手段はそれから柔軟に考えればいいのです
・自分で変えられることを原因と捉えなければ、自分で結果を変えることはできません
・話がわかりやすいというのは、相手(聞き手、読み手)の頭脳の負担が軽いということを意味しています
・「言葉が曖昧」ということは、単に「表現が曖昧」にとどまりません。多くの場合「思考そのものが曖昧」ということなのです
関連まとめ