オトナの対話術

630 views ビジネス コミュニケーション
バルバラ・ベルクハン
・「やまびこトーク」によって、不愉快なことを言われてもケンカにならずにすみます。やり方は簡単。相手の発言の中から、あなたが気分を悪くした言葉を抜き出して、それがどういう意味か尋ねればいいのです。
・相手の話を受け止めて何か言わなければならない、という決まりはどこにもありません。あなたがそうするのは単なる習慣や礼儀からなのです。だれかにおかしなことを言われたら、すぐに何かまったく別のことを話しましょう
・腹の立つことを言われたら、いちばんいいのは笑いとばすこと。それですべてが終わりになります。
・相手の言うとこにうなずいて、議論を終わらせましょう。もう反論はやめます。ただし、そのときに大切なのは、相手の意見に巻き込まれないこと、それから、あなたの考えを否定しないことです
・相手が何を言うか、残念ながらあなたが決めることはできません。けれども、それをどのように解釈するかはあなた次第
・コミュニケーションとは、つねに自由意志でされるものです。そして、返事をしないということは、変なことを言われたときのもっとも優れた対応の仕方なのです
・いちばんおなじみで、またチャーミングなのは「あ、そうなんだ!」です。これで、言葉による攻撃のほとんどをやりすごすことができます
・やり返されたのではなく褒められただけだとなれば、手も足も出なくなります。よく言われるように、抱きしめられれば、敵は動けなくなるからです
・返事をしないということは、変なことを言われたときのもっとも優れた対応の仕方
・横柄な人は、自分のほうが偉いという態度をとります。あなたは同調して、これをもっと後押しします。それどころか、ちょっとばかり誇張します。要するに、相手が欲しがっているものを、気前よくたっぷりと与えてやればいいのです
バルバラ・ベルクハン
関連まとめ