アイデアマンのつくり方

662 views ビジネス アイデア
・疑問を投げかけることなくすんなり受け入れる人、波風をたてずに毎日をすごす人-こうした人は常識の枠を越えた独創的な発想とはほど遠いところにいる。なぜなら彼らは前例の通りに行動するからだ。
・アイデアに満ちあふれた人とそうでない人との間に、先天的な能力の差があるわけではない。アイデアを生み出せると思っているか、思っていないかの違いなのである。
・そう、決まりを破るのは、アイデアを得るための王道なのだ。
・上司が部下を疑えば、部下だって自分の力を信じられなくなる。疑いは失敗のはじまりだ。
・部下が創造力を存分に発揮し、生き生きと仕事に励むさまを見たいなら、彼らを「出来の悪い使用人」として扱うのではなく「才気あふれるアイデアマン」として扱うことだ
・部下はあなたのためにではなく、あなたとともに働いている
・部下に好かれるためには、どうしたらいいだろう?簡単だ、あなたが部下を好きになればいい
・多くの人たちは気づいている。ほめられることで人は伸びる、と。
・部下が力を尽くして勝負したときには、その奮闘をねぎらってやろう。ヒットを打てたにせよ、打てなかったにせよ、他人が試みもしないようなことに挑戦したということ自体、すばらしいのだから
・「私のやり方でやれ」というのは独裁者のセリフだ。独裁者は部下の自信を奪う。視野を狭める。可能性を握りつぶしてしまう。アイデアマンメーカーなら「自分のやり方を見つけろ」と言おう
関連まとめ