10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人

1167 views ビジネス
・細かい成果をたくさん積み上げて目標に到達することもありますが、成果を多く上げる人は、どうすれば大きな売上を上げられるかを優先的に考える傾向があります
・成果を出せる人:その仕事をすることで、どれだけの成果に直結するのかを意識する 成果が出ない人:成果を意識せずに、目の前にある仕事をひたすらやっている
・成果を出せる人:計画を立てながらも、柔軟に修正を加えながら仕事を進める 成果が出ない人:最初から計画を立てずに、行き当たりばったりで仕事を進める
・成果を出せる人:デッドラインの時間をはっきりと意識して、逆算して予定を立てる 成果が出ない人:やるべき作業を積み上げていくかたちで、予定を立てる
・成果を出せる人:自分の現状を把握してまわりと共有し、無理な仕事が来ないようにする 成果が出ない人:自分の現状の報告が遅れがちで、キャパオーバーの仕事を受けてしまう
・成果を出せる人:分単位の時間を意識して、どんな作業も効率的にまとめて行う 成果が出ない人:効率性への意識が低く、毎日少しずつ他人の時間を奪っている
・成果を出せる人:感情は抑えて、具体的な数字やファクトを利用して伝える 成果が出ない人:説得の材料が乏しく、主観で思いを伝えようとする
・成果を出せる人:相手の立場や考えを想像し、相手を主語にして話す 成果が出ない人:自分の立場をわかってもらおうと、自分を主語にして話す
・成果を出せる人:段取りを把握しながら仕事を進めて、適宜途中経過を報告する 成果が出ない人:仕事の進め方に口を出されるのを怖れて、途中経過を隠す
・成果を出せる人:爆発の危険性のある重要なメールを見極め、優先的に対処する 成果が出ない人:簡単な仕事を先にこなし、時間がかかる用件を後回しにする
関連まとめ