軽く扱われない話し方

1280 views ビジネス コミュニケーション
・会話をするときに、絶対に口にしてはいけない表現がある。それは「え〜と」とか「あ〜」などの表現と「〜みたいな」などの表現である
・「えーと」が口から出そうになったら、むしろ黙り込むのが正解である
・自分のことは、自分で語ってはならない。友人や知人を使って、語ってもらうべきなのである。そのほうがウソ臭いと思われずにすむ
・相手の信念や態度に反することは、話さないほうがいいのである。なぜなら、どんなに熱心に言い聞かせても、結局はムダになることが多いからである
・会話のコツは、とにかく短く、それもできるだけ短く、ぶつ切りで断定していくことなのである
・「〜すべき」とか「〜ねばならない」という、他の意見や提案をまったく認めないような表現はやめたほうがいい
・拒絶というのは、相手のメンツをつぶし、心理的にケガを負わせる行為なのであるから、代案を示すことによって、そのケガの手当てをしてあげなければならない
・会話が上手な人は、聞き手にわかりやすいような比喩を使う。それも頻繁に使う
関連まとめ