ラクをしないと成果は出ない

684 views ビジネス
・好きだろうが嫌いだろうが、あなたを優先順位の高い相手として扱ってくれる人が、一緒に成果を生み出せる相手なのです。
・専門家になるためのインプットは青天井ではなく、300冊が目安になる。
・新聞は、大きなニュースがあろうとなかろうと、必ず38ページ程度を記事で埋めています。良質の情報だけ集めるという方針でやっていたら、ありえない話です。
・常に自分に課題を課していく人が、思想的貴族だ。すぐれた人間とは、自分自身に多くを課す者のことである。
・その人と気が合うということと、仕事においてその人から信頼、尊重されているかどうかはまったくの別問題なのです。
・基本的なことは既存の方法に頼ってラクをし、細部を検証しながら、微調整していく。これこそ、成果に結びつく「正しい試行錯誤」と言えます。
・ラクをするということは、何もかも自分たちで見つけ出すのだという自己中心的で横暴な考えに取り付かれるのではなく、先達の知恵を素直に引き継いで着実に上乗せしてゆく、という発想であり、道程です。
関連まとめ