マネジメント

887 views ビジネス
ピーター・F・ドラッカー
・優れた人間関係とは、優れた礼儀作法と同じように自然に生まれるものであり、気にしないですむものである。人の気持ちを気にしなければならない状況は、最悪の人間関係である。
・いかなる組織といえども、その業績はトップマネジメントにかかっている。結局のところ、ボトルネックはボトルのトップにある。
・組織の目的は、凡人をして非凡なことを行わせることにある。
・まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。それは、見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。
・イノベーションの戦略の第一歩は、古いもの、死につつあるもの、陳腐化したものを計画的かつ体系的に捨てることである。
・マーケティングだけでは企業としての成功はない。…企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生み出すことである。…企業そのものは大きくなる必要はないが、常によりよくならなければならない。
・真のマーケティングは顧客からスタートする。…「われわれの製品やサービスにできることはこれである」ではなく、「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足がこれである」と言う。
・リスクを皆無にすることは不毛である。最小にすることも疑問である。得るべき成果と比較して冒すべきリスクというものが必ずある。
・目標は、実行に移さなければ目標ではない。夢にすぎない。
・「われわれの事業は何か」との問いに答えるには、顧客からスタートしなければならない。すなわち顧客の価値、欲求、期待、現実、状況、行動からスタートしなければならない。
ピーター・F・ドラッカー
関連まとめ