プロフェッショナル

843 views ビジネス
・人に成果をあげさせるためには「自分とうまくやっていけるか」を考えてはならない。「どのような貢献ができるか」を問わなければならない。「何ができないか」を考えても成らない。「何を非常によくできるか」を考えなければならない
・リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である。
・成果をあげるためには、人の強みを生かさなければならない。弱みを気にしすぎてはならない。利用出来る限りのあらゆる強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを総動員しなければならない。
・努力しても並にしかなれない分野に無駄な時間を使わないことである。強みに集中すべきである。無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーを必要とする
・人への対し方が悪くて、みすみす成果をあげられなくすることを避けることである。頭の良い人たち、特に若い人たちは、人への対し方が潤滑油であることを知らないことが多い
・上司に成果をあげさせることは、かなり簡単である。強みに焦点を合わせればよい。弱みが関係のないものになるように、強みに焦点を合わせればよい。上司の強みを中心に置くことほど、部下自身が成果をあげやすくなることはない
・仕事や成果を大幅に改善するための唯一の方法は、成果をあげるための能力を向上させることである
・成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向けなければならない。「組織の成果に影響を与える貢献は何か」を自らに問わなければならない
・仕事に焦点を合わせた関係において成果が何もなければ、温かな会話や感情も無意味である。とりつくろいにすぎない。逆に、関係者全員にとって成果をもたらす関係であるならば、失礼な言葉があっても人間関係を壊すことはない
・知識労働者たるものは、自らの組織よりも長く生きる。したがって、他の仕事を準備しておかなければならない。キャリアを変えられなければならない。自らをマネジメントすることができなければならない
関連まとめ