どんな場でも、困った人にならない気配りの習慣

851 views ビジネス
・メニューに迷ったら相手の方と同じにすることも気配りの1つ。同じであれば店側にとってもサービスがしやすくなり、配膳のタイムラグがなくなります
・「ありがとう」「どうぞ」「ごめんなさい」という3つの言葉がすんなり言える人は、人としての土台がしっかりしていることにほかなりません
・あいさつの言葉とお辞儀を同時にする「ながら動作」は慎みましょう。きちんとあいさつの言葉を言い終わってからお辞儀をします
・多くの人に慕われている人は、どこでも、どなたに対しても態度を変えません
・相手が初対面の場合、その人の年齢、信仰している宗教や政治的な思想、家族のことなど、プライベートな情報は聞かないこと
・「会話」や「口ぐせ」がネガティブな人に、慕われる人はいない
関連まとめ