日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門

689 views ビジネス
・多国籍企業に比較的安い賃金で雇用されることが「搾取」というなら、今、世界で急速に成長し豊かになっている発展途上国はむしろ搾取されているからこそ豊かになっているのです
・グローバリゼーションで富める者はもっと富んでいき格差が開く可能性はありますが、それによって底辺も同時に押し上げられていくのです
・グローバリゼーションは止まることはありません。なぜならグローバリゼーションは政治思想でも経済政策でもなく自然現象だからです
・日本における重大な格差は、大企業の中高年正社員や公務員と若年層の非正規社員との格差で、これは市場原理が働かないから引き起こされています
・きびしい解雇規制というのは、じつは新卒の学生に一番不利な仕組みなのです
・長期で見れば失業も倒産も社会にとって悪いことではありません。新しい産業が生まれ、人々が豊かになっていく過程で生じる必然だからです
・お金はゼロサム・ゲームではありません。成功した起業家や投資家がたくさんお金を持っていてもそれは他の人から搾取したものではないのです
関連まとめ