入社1年目の教科書

1796 views ビジネス
・宴会芸は仕事と一緒だ。絶対に手を抜くな
・企業にとって良い社員とは、目の前にある商品を売るだけではなく、企業価値を高めてくれる人材です
・コミュニケーションはメール「or」電話ではなく、メール「and」電話が基本です
・華やかな大きな仕事より、むしろ誰もがやらない地味で小さい仕事をすべて引き取ったほうが、勉強や経験になります。その仕事を、自分らしく仕上げることに全力を上げるのです
・利害関係のない人にどれだけ誠実に接することができるか。その対応を見れば、否が応でも人間性が浮き彫りにされてしまいます
・メールの返信は、対応が早いだけで2割増しの評価を得られる
・新人時代の印象でその後のキャリアが決まる
・新卒入社や転職初年度の社員に対して、受け入れる側が最初に持つのは、優秀な人物かどうかという視点ではありません。「社会人として当たり前のことを、ちゃんとやれる人物か」
・最初が肝心です。新人時代の印象でその後のキャリアが決まると思って行動してください
・たった一度の遅刻によってチャンスを逃し、あなたの能力を発揮する機会さえ奪われてしまうこともあるのです
関連まとめ