自分の答えのつくりかた

490 views ビジネス
・我々は、最初によい点を思いつくと、よい点ばかりが目につき、最初に悪い点を思いつくと、悪い点ばかりに目が行きがちじゃ
・決断というのは、最終的には自分でしなければならないもの、自分で責任を負うべきものだ。しかし、決断を下すまでは、いろんな人の手を借りるべきじゃ
・絶えず進化していくために重要なのは、差を浮き彫りにするということじゃ。差を感じないと、なかなか変わろうという気にならない
・「無理だよ」を「とりあえず、やってみよう」に切り替えてほしいのじゃ。この積み重ねで大きな差が出てくるのじゃ
・「絶対的な正解」はない。そして「答え」は論理だけでなく、その人の価値観にも左右される
・反論するなら「違う」と言うだけではダメ。具体的に何が違うのかを明らかにして、できれば代替案を示す。批判のための批判は絶対に禁物じゃ
・議論と会話では目的が違う。多くの会話は、寄り道や無駄そのものを楽しむことが目的であり、そこに「論理」や「何で」を持ち込む必要はない
・我々個人の持つ知恵、経験、視野などは非常に限られている。しかも、無意識の間にそれに引きずられ、偏見を持ってしまっている
・この世の中に足りないのは「利口なオツム」だけでなく「こころが温かい」だけでもなく、その両方をバランスよく兼ね備えた人材である
・己を磨き上げ、真の自信を溜めていくには、生温い金魚鉢から抜け出し、自らを崖から大海に突き落とさないといけない
関連まとめ