プロフェッショナルの原点

839 views ビジネス
・並以下の能力を向上させるために無駄な時間を使ってはならない。強みに集中して取り組むべきである。無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりもはるかに多くのエネルギーを必要とする。
・トップが何を考えているかがわからなくなったとき、組織は転落する。
・タイミングはあらゆるものの成功にとって最も重要な要因である。
・意思決定に必要なものは勇気である。
・無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりもはるかに多くのエネルギーを必要とする。しかるに、あまりに多くの人たち、組織、そして学校の先生たちが、無能を並にすることに懸命になっている。
・よくある間違いは、誰もが同じように考え、同じように行動しているものと思い込むことである。
・人は組織のおかげで、強みだけを生かし弱みを意味のないものにすることができる。
・間違いをしたことのない者は凡庸である。
・優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。
・人は要求のレベルに応じて成長する。
関連まとめ