ドリルを売るには穴を売れ

848 views ビジネス
・あなたにとっての売り物はドリルだが、顧客にとっては、ドリル自体ではなくドリルが開ける「穴」に価値があるのだ。
・言うのは簡単だが、これを実行するのはそれほど簡単ではない。このような単純なことにこそ真実があり、その単純なことをきっちりと行うことに難しさがあるのだ。
・Promotion(広告・販促)とは、顧客に「価値を伝える」ことが目的であるのを忘れないことだ。すべての基本は「顧客にとっての価値」だ。
・「これを売ることによって、お客さまにどのような価値をもたらそうとしているのか?」という問いは、ビジネスの根幹にかかわることだ。
・差別化の方法は「手軽軸」「商品軸」「密着軸」の3つ。手軽軸では、ある程度の品質のものを安く便利に提供する。商品軸では、最高品質の製品やサービスという売り物を主とする。密着軸では、顧客に密着して徹底的に顧客のニーズに応える。
・自分の求める欲求を満たすことができれば、顧客にとって業界の垣根などどうでもよいことなのだ。
・顧客は、自分が得られる価値が、自分が払う価値(お金・手間・時間)より大きいときに買う。マーケティングは、その不等号を維持・拡大すること。
関連まとめ