キライな自分がす〜っと消える本

793 views 自己啓発
・嫌いな自分、ダメな自分を変えようとする時に「自分の性格を変えよう」としてはいけません
・自分を変えようと思っている限り、常に自己否定感を持っていることになる
・自分を変えるのをやめようと思った瞬間に、自己否定感は、自己肯定感に変化するわけです
・自分のことを大切にできない人は、他人を大切にすることはできない
・人をいじめる人は、本当はかわいそうな人です。なぜかというと、人をいじめることによって自分の劣等感を埋めているからです
・自己評価の高い人は、人をいじめたりしません。劣等感がなく、自分に自信があるから、劣等感や自信のなさを埋めるためにそんなことをする必要がまったくないのです
・性格は変えようとしても変わらない、でも、活かそうとすれば性格は変わる
・あなたが幸せでなければ、人に幸せを与えてあげることはできません
・今現在、この時を幸せに思えない人は、いくら欲しいものが手に入ったとしても、心の底から「自分は幸せだ」と思うことはできません
・自分の弱い部分を自分で認めていれば、それをパートナーに隠す必要がなくなります
関連まとめ