人に愛されるひと 敬遠されるひと

1048 views 自己啓発 仏教
・「人は自分のことしか考えないものだ」と理解すれば、それによってけっこう人付き合いはうまくいくのです。なぜならば、それを理解していればむやみに腹が立たないですむようになるからです
・自分の立場からみると相手はわがままです。同様に相手の立場からみれば自分はわがままなのです
・「わがままは嫌われる、不幸のもとだ」ということを覚えておくことです。それを覚えておけば、何となく自然に自分の心からわがままが消えていきます
・人とつき合うときは「何があっても驚きません」という気持ちでいれば、とてもうまくいくのです
・私たちの悪いところは、自分もよく間違うし自分の人生も失敗だらけなのに、他人にだけ完璧さを求めるところです
・見返りを求めないで相手のためにポジティブに行動すると、ほんとうの味方ができるのです。つき合う人、つき合う人が、すべて味方になるのです
・人に何かをしてあげるときは、相手が何とも思わずにさらっとその恩恵を受けられるようにしなければなりません
・「いかなる理由があろうとも、人を批判すること、罰すること、裁くことを絶対にやめます」と決めてください。それができれば人間関係はもうOKなのです
・なぜ我々は他人を裁いたり批判したりするのかというと「わたしは自分のことが好きだから、自分だけが幸福であればいいのだ」ということなのです
・他人を直そうとするのではなくて自分を直す、他人を正そうとするのではなくて自分を正す、ということです。そのようにすると、人間関係はうまくいくのです
関連まとめ