老子の無言

859 views 自己啓発 中国古典
・何かと比べてどうこう評価することなど意味がない
・自分の人生なのですから、周囲の行動や思惑、社会通念的な価値観に左右されて過ごすのはもったいないこと
・大事なのは「足るを知る」こと。自分がいまある境遇に、どれだけ満足しているか。そこに幸・不幸の分岐点があるのです
・誰がどう言おうが、どう思おうが、自分が幸せだと思えば幸せ。幸福感というのは主観的に捉える問題なのです
・ときには情報洪水から逃れて、自分の心と向き合う時間も必要
・大切なのは、意識して自分を褒めてあげること。みなさんだって、一日に一つや二つ、何か自分で自分を褒めてあげたいようなことをしているでしょう?
・俗世間の価値観に惑わされて、変に欲なんか持ちなさんなよ。そんな欲などはないほうがずっと心豊かに暮らせるよ
・良い結果が出たからといって、それを誇って尊大に構えるんじゃないよ。自慢するんじゃないよ。傲慢になるんじゃないよ
関連まとめ