聞き方の極意

939 views ビジネス コミュニケーション
・「報告」する時に大切なのは、何かの仕事を与えられた時に、「どういう報告をしたらいいですか?」と仕事を与えてくれた相手に、まず聞くということです
・前もって同僚や部下に、自分の望む報告の仕方を伝えておくと、無用なトラブルを避けられる
・報告は過去のこと、連絡は現在のこと、相談は未来のことを伝えるということです
・会議とは、「決定」する場所。ミーティングとは、「確認」する場所。打ち合わせとは、「相談」する場所
・必ず会議、ミーティング、打ち合わせをする時は、「目的とゴール設定」の確認をしてください
・仕事に対しても、嫌いな上司に対しても、「嫌い」「苦手」と思う理由は、どちらも「知らない」ということです
・相手の目の前でノートをとるということは、「その人の話を真剣に聞いている」という絶好のアピールになるのです
・とくに交渉ごとの場合、まずは相手の話を聞き、それに答えていくように話をすれば、「NO」と言われることはあり得ないのです
関連まとめ