他喜力

1160 views 自己啓発
・世の中は、他人を喜ばした人が勝つ仕組みになっているのです
・相手のことを思って他喜力を発揮していたら、相手は絶対に不機嫌にはならないし、責めてもきません
・成功しない人は、身内に他喜力を使っていない人が多い
・一流の人というのは、収穫の見込みのありそうな畑はもちろん、枯れ果てている畑にも他喜力の種をまきます
・自分のことがあまり好きではない人はどうしたらいいのかと言えば、まずは「自分のしたことは、常にベストだ」と思うクセをつけることが重要です
・もし今、自分のことで悩みを抱えている人がいたら、まず人を喜ばせてみてください。驚くほど、晴れやかな気持ちになるはずです
・成功者というのは、やるべきことをきちんとやっているから、成功しているだけなのです
・他喜力がない人というのは、何かマズイことがあったときなど、人を責め始めるという特徴があります
・他喜力には、相手を無意識のうちに、あるいは、喜びのうちに動かすことのできる力があるのです
・人が幸せに生きていこうと思ったら、他喜力を磨いて、上手に相手を動かす操り力を身につけることが何より大切なのです
関連まとめ